未分類

シミ・ニキビ跡・にきび跡の肌トラブルのケア方法にはピーリングが有効

シミ・ニキビ跡・にきび跡の肌トラブルのケア方法にはピーリングが有効シミやニキビ跡、しわ、くすみ、黒ずみ毛穴などの肌トラブルで悩んでいるという人にとって効果的なのが、剥がす・皮をむくという意味を持つピーリングです。肌が本来持っている力に手をかけることで、シミやそばかす、ニキビ、紫外線などでダメージを受けた肌を回復します。堅くなった古い角質を柔らかくして、ニキビ跡をキレイにしたり、美白や美肌効果を向上させます。ピーリングは、もともと美容目的で欧米で利用されていて、日本でも認知度の高いケミカルピーリングという、一般的にグリコール酸と呼ばれるフルーツ酸(他にサルチル酸)配合のジェルを使って肌の新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを正常化させるものと、皮膚科や美容外科での施術で、レーザー光による刺激で堅く古くなった角質を除去して肌細胞を活性化することで美肌に導くレーザーピーリングがあります。ピーリングを行うメリットとして、第一にニキビやニキビ跡などの肌トラブルを改善する効果があります。一般的なニキビ治療では、塗り薬などの抗生剤を使用しますが、にきび・にきび跡の症状が改善・緩和されない場合にピーリングを行い、肌の新陳代謝を促進させます。また、シミや色素沈着などにも有効で、シミの素のメラニン色素を排出させて、徐々に薄く目立たないようにします。その他、肌のターンオーバーが促されることで柔らかな肌質になり、小じわを目立たさせなくしたり、黒ずみ毛穴や角栓が詰まった毛穴を改善し角栓の詰まりにくい毛穴にすることで、くすみのないワントーン明るい肌になれます。年齢を重ねるにつれ、通常28日前後のサイクルで行われていた肌のターンオーバーの周期が、スローペースになってしまいます。ピーリング効果で肌のターンオーバーを促進し、堅くなった古い角質と一緒に老廃物も落とすことが重要です。定期的なピーリングで皮脂の分泌を抑えて、毛穴詰まりを改善することでにきび・にきび跡をなくしたり、肌のターンオーバーのサイクルが整うことで、透明感のある美肌に導きます。ピーリングは、シミやにきび跡など肌に多くのメリットがありますが、人それぞれ肌質が異なるので、その効果にも個人差があります。堅くなった古い角質を取り除くために肌が薄くなってヒリヒリしたり、温度や乾燥、紫外線などの外的要因で、肌に刺激を受けやすくなる可能性もあります。市販でもピーリングコスメが出回っているので、自宅で手軽にピーリング体験することが可能です。注意点として、ピーリングコスメを使用する場合には、正しい知識を身につけて行うことが大切です。自宅でのセルフケアの効果に満足できない場合は、皮膚科や美容外科での施術という方法もあるので、まずは医療機関に相談してみましょう。